「汐風香る魅惑のワイナリー」いよいよオープン

LOCAL GOOD KITAQでクラウドファンディングにチャレンジして目標金額を達成したワタリセ・ヴィンヤードに、無事醸造免許が交付され、3月3日に正式に開所しました。名称も「ワタリセ・ファーム・アンド・ワイナリー」となりました。

みなさんに応援いただいた資金で、写真のような立派なダンクも導入することができました。

クラウドファンディングの資金で購入したタンク

開所式では、30名近くのボランティアと多くの報道陣が見守る中、厳かに祝詞が奏上され、神事が執り行われました。

開所式の神事の様子

神事のあとには630キログラム余りのメルローという品種のぶどうを除梗(実を房から取り外すこと)、圧搾、仕込みの作業をしました。これから発酵、熟成を経て、夏ごろにはおよそ580本の赤ワインが完成するということです。

仕込みの様子

開所式の動画は、下記のリンクでご覧いただけます。
http://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20180303/5667441.html
http://www.kbc.co.jp/mbl/sp/movie/index.html?id=6496

オーナーの藤田佳三さんは「友だちと一緒に楽しみながら飲んでもらえる、飲みやすい香りのよいワインにしたい。これは、まだスタートなので、北九州市にもおいしいワインがあるよと言ってもらえるよう、成長していきたい。」と抱負を語っていました。

今後が楽しみですね。

北九州産のワイン造りへ抱負を語る藤田さん(中央)

ライター紹介

一般社団法人ソシオファンド北九州・パートナー。北九州市出身。各地を転々とした後、2007年にUターン。製造メーカに勤務する傍ら、キャリア開発やメンタルヘルスに興味を持ち、キャリアカウンセラーの資格を取得した。障がい者や若者支援などに関するイベントやセミナーにちょくちょく顔を出している。

facebook twitter
ニュース一覧へ戻る