大學堂〜学生と旦過市場のチャレンジ〜

北九州市小倉北区の旦過市場を歩いていると、「大學堂」という大きな看板の店がある。運営しているのは北九州市立大学の学生である。2008年に文学部の人類学ゼミのメンバーと九州フィールドワーク研究会のメンバーが市場調査などを通して、市場の魅力に気づき、空き店舗で何かをしたいという思いから始まったプロジェクトである。大學堂は大學堂単体で成り立っているのではなく、市場内の他のお店の方々や、大學堂で商品を提供してくださっている人々との相互作用があって成り立っている。

kanban

大學堂には、旦過名物「大學丼」がある。大學堂では丼に入った若宮産の白いお米を提供し、お客さんは自ら旦過市場を歩きまわって、思い思いに具材を買い、オリジナルの「大學丼」をつくる。丼を片手に市場を歩き回り、新鮮な魚や美味しいお惣菜を買って、ご飯の上にのせることで大學丼は完成する。好みの具材をのせることができるだけでなく、市場で具材を買うことで、比較的安くオリジナルの丼を作ることができる。また、市場の個性的な商店主との会話などから、スーパーマーケットなどでは感じることの出来ない温かみに触れることができる。そうした古くから続く市場ならではの魅力が、大學丼に凝縮されているともいえるだろう。

menu

大學堂のイベントの一つとして、大學堂に旦過市場の商店主などに来てもらい、「市場の達人講座」を開いている。日常で役に立つ知識を、それに精通した市場の達人が教えてくれる貴重な講座である。そのほかにも中央アジアで活躍する音楽家による演奏会など個性豊かな魅力あふれるアーティストなどが来ている。また、お店の入り口には九州各地の養蜂家の方々が丹精込めて集めた、ニホンミツバチの貴重な蜂蜜が販売されている。

hatimitu

取材時には、たくさんの外国人がコーヒーを飲みながら賑やかに談笑していた。レトロな店内の雰囲気も相まって、不思議な楽しい空間が広がっていた。

たくさんの笑顔と魅力あふれる「大學堂」へ、ぜひ足を運んでみてはどうだろうか。

【連絡先】

住所:北九州市小倉北区魚町四丁目4-20 旦過市場大學堂

TEL:080-6458-1184

Mail:daigakudo.net@gmail.com

HP:http://www.daigakudo.net/index.html

 

記事:北九州市立大学 遠藤雅樹・土本彩布

ライター紹介

facebook twitter
ニュース一覧へ戻る